採用・昇格・人材・組織開発のNOMA総研

従業員意識調査

コンプライアンスを推進する組織風土づくりなら

コンプライアンス意識調査 NEOS-Compliance

コンプライアンスを推進する組織風土づくりなら「NEOS-Compliance」

コンプライアンス意識調査 NEOS-Complianceとは

コンプライアンス意識調査 NEOS-Complianceは、コンプライアンス意識と会社・職場の満足度に着目し、開発されたモラールサーベイです。

社内の仕組みを整備したにも関わらずコンプライアンス違反がなくならないのはなぜか

行動規範・規程の策定や教育などに取り組んでいるものの、コンプライアンス違反がなくならないことに悩まれる企業が増えています。コンプライアンスに関する先行研究から、不正や違反行為が起こる背景には、属人的な組織風土や社内の不文律などが関係していることがわかっており、社内の仕組みを整備しただけでは従業員のコンプライアンス意識を高めることはできません。経営陣によるメッセージの発信や上司の率先垂範、仲間のチームワークが適切に機能しているかなど、職場環境づくりと個人の意識・行動面へのアプローチが必要となります。

コンプライアンス違反がなくならないのはなぜか

コンプライアンスの啓発活動と定期的な効果測定で風土の醸成につなげる

組織や個人としての取り組みの効果がどの程度表れているかを定期的にチェックし、必要に応じて軌道修正を行うことがコンプライアンス経営には求められています。コンプライアンス意識調査 NEOS-Complianceは、“組織の健康診断”としてだけでなく、取り組みの効果測定としても活用いただけるツールです。

コンプライアンス風土の醸成

グループとしてのコンプライアンス体制づくりやガバナンス強化の一環として、意識調査を活用するケースが増えています。

調査の活用例

調査の活用例

コンプライアンス意識調査 NEOS-Compliance

3つの特長

  • 1 コンプライアンス風土と
    従業員満足度を独自に
    モデル化
  • 2 ワーディングによる
    高い回答精度を実現
  • 3 豊富な蓄積データとの
    比較による客観性の確保

コンプライアンス風土と従業員満足度を独自にモデル化

コンプライアンス風土と従業員満足度をモデル化した独自の枠組み

コンプライアンス意識調査 NEOS-Complianceの枠組みは、心理学および産業・組織心理学の専門家で構成する「人事測定・評価開発委員会」によって厳しく分析・検証されています。さらに、第27回産業・組織心理学会(2011年9月)にて、コンプライアンス意識調査 NEOS-Complianceの開発プロセスを発表しています。

ワーディングによる高い回答精度を実現

ワーディングを駆使した質問項目による回答精度の高さ

回答者が素直に回答できるよう、質問文や回答選択肢の表現を工夫するなどワーディングにこだわることで、従業員の本音を反映した回答データを得ることが可能です。

表現を工夫

・質問文の主語を工夫
コンプライアンス意識調査 NEOS-Complianceの性質上、「あなたは~」と問われると「私は守っている」との望ましい回答になりやすい傾向が見られます。そのため、質問文の主語を「あなたの職場では~」に置き換えることで、職場の実態を客観的にとらえ、回答できる調査となっています。

・職場の実態を想起させるワードを使用
「ツルの一声」「臭いものには蓋」など、普段の職場の雰囲気や問題と感じていることを思い返して回答できるよう、表現が工夫されています。

コンプライアンス風土と従業員満足度をモデル化した独自の枠組み

豊富な蓄積データとの比較による客観性の確保

豊富な蓄積データとの比較による客観性の確保

蓄積データを基に作成した他社平均値と比較することで、自社の強みと課題点が明確となります。

コンプライアンス意識調査 NEOS-Compliance

仕様

調査概要

質問数
66問
回答時間(目安)
15分
実施方式
・Web方式(※メールアドレス方式もしくは共通URL方式)
・質問紙方式
※Web方式と質問紙方式の併用実施も可能

測定領域

測定領域
主な測定内容
コンプライアンス風土
コンプライアンス意識や日常業務における実践度について、3領域にて測定
モラール
コンプライアンス風土の醸成要因として、
「会社要因」「職場要因」「個人要因」に3つの側面(全7領域)にて測定
現状把握
具体的なコンプライアンス事案の有無やパワー・ハラスメントの実態、
相談窓口の有効性などを測定
自由記述
積極的に意見を聞きだす姿勢により自浄作用を喚起させ、公益通報として収集が可能

実施方式

  • Web方式

    パソコン・タブレット・スマートフォンで実施

  • 質問紙方式

    調査票・回答用紙を配布し実施

コンプライアンス意識調査 NEOS-Compliance

料金

人数 基本料金 1名単価
300名未満 1,000,000円 基本料金に含む
300~999名 800円
1,000~4,999名 700円
5,000~9,999名 600円
10,000~19,999名 550円
20,000名 500円

(税別)

基本料金に含まれるサービス:「総括データ編」「自由記述報告書」「全体概要報告書」の作成、報告会出向1回料金

オプション サービス

項目 料金 備考
質問項目の追加
10万円
20万円
5件法/10問まで
多肢選択/5問まで
質問紙などの資材準備
400円 資材の発送、回収にかかる料金は貴社ご負担となります
Web調査URLの追加
10万円
20万円
国内調査の場合
海外調査の場合
属性の追加
10万円 6種類以上設定の場合
所属別データ編 作成
10万円
所属別概要報告書 作成
10万円
所属別簡易報告書 作成
1万円
報告会追加出向
10万円

(税別)

コンプライアンス意識調査 NEOS-Compliance

ご利用の流れ

  • STEP 01

    準備

    1~2か月程度

    調査の実施に向け、質問項目や属性の検討などを行います。

  • STEP 02

    調査実施

    2週間程度

    調査の回答期間は2週間が目安となります。
    回答期間中のお問い合わせについては、サポートデスクにて専門スタッフが対応いたします。

  • STEP 03

    集計

    1か月程度

  • STEP 04

    分析

    1か月程度

    集計されたデータを用いて、全体傾向や属性による違いなどを分析します。

  • STEP 05

    結果報告

    調査を担当した研究員が、事務局や役員の方へ結果の報告を行います。

よくあるご質問

  • 調査の実施方式として、どのようなものがありますか。

    Web方式と質問紙方式の2種類をご用意しています。Webと質問紙の併用での調査実施も可能です。

  • オリジナルの質問を追加することはできますか。

    各意識調査には予め雛形の質問項目が設定されていますが、別途、独自の項目をご設定いただけます。
    また、項目内容が明確でない場合、質問作成のご相談も承ります。

  • 調査結果の経年比較はできますか。

    対応可能です。定期的に調査を実施されるケースが多いため、経年の比較や分析は無料にて対応いたします。

  • 調査を実施した場合の成果物は、どのようなものがありますか。

    主な納品資料として、「総括データ編」「自由記述報告書」「全体概要報告書」の3種があります。
    その他には、「所属別簡易報告書」「所属別概要報告書」など(※いずれもオプション対応)があります。

お問い合わせ

コンプライアンス意識調査 NEOS-Compliance

人事課題について
お聞かせください