採用・昇格・人材・組織開発のNOMA総研

多面観察マネジメント版で使われるデータ分析

尺度の内容は等質か

信頼性が高い

α(アルファ)係数は、尺度の信頼性を示す係数です。「多面観察 マネジメント版」を構成する5領域とアドミニストラティブスキルの下位4尺度、合計9つのα信頼性係数は、いずれも0.8を超え、一貫性のある質問の集まりであり、かなり高い信頼性を持っているといえます。   
(係数は0.7以上が望ましい)

5領域8尺度 α係数          
1.テクニカルスキル 0.82
2.アドミニストラティブスキル 0.90
◇戦略思考・策定 0.89
◇戦略実行 0.93
◇プレゼンテーション 0.81
◇折衝・調整 0.83
3.ヒューマンスキル 0.92
4.パーソナリティ 0.85
5.ウィル&バイタリティ 0.87

事例研究

事例研究

職位階層との関連性(A社の場合)

A社の職制として、マネジメントの階層のうち、3階層について「多面観察 マネジメント版」を実施しました。この結果では、上位マネジメント層のほうが、より観察結果が高い点が認められ、上位者のほうが、より的確な管理者行動を実施していることがわかります。

この点は、上位者、同位者、下位者それぞれの観察結果でも同様な結果が得られています。

尺度得点の結果はマネジメント行動について、高い妥当性があることを示しているといえます。

関連サービス

人事課題について
お聞かせください