事務職適性検査 TAPOC

事務職適性検査TAPOC(タポック)は、職務に従事しようとする人に必要とされる基本的な事務処理能力を測定診断し、採用や人材配置にあたって重要な資料として利用できる検査です。
実務をどのくらい速く、正確に習得できるかという意味での「学習適性」の予測だけでなく、実際の職場において与えられた業務を能率的に継続できるかという「就業適性」も予測できるように構成されています。
採用場面などで幅広く使われています。

特長

1 事務職に必要とされる6つの能力とその総合力を測定
検査問題は、わが国および米国において最もよく使われている各種の職業適性検査を参考にしながら、事務職員の指導監督にあたっている管理者の意見も採り入れて作成されています。「言語」「分類」「照合」「計算」「読図」「記憶」の6つの能力から、総合的な事務処理能力を把握します。

2 「学習適性」だけでなく、「就業適性」も測定・診断
本検査の結果から描き出されるプロフィールによって、単なる事務適性の有無だけでなく、実際の職務への適正配置も可能になります。

3 複写式の用紙にチェックする回答方式で、その場で簡単に採点・結果確認
複写式の回答用紙を使用しているため、検査実施後、その場ですぐに採点を行うことが可能です。得点計算やレーダーチャートの記入も簡単に行うことができます。

検査概要

検査の種類・構成

言語 言語知識
一般の文書の解釈や理解、さらには表現能力
分類 単純な分類事務処理能力
事務処理の速度
定められた法則への適応力
照合 細部にわたる照合事務処理能力
事務処理の速度
計算 計算能力
読図 資料・図表・グラフ等の読解力
論理的思考力・判断力
記憶 短期記憶
要点をまとめて把握する力

*実施説明等を含め検査時間は約40分です。

実施形態・補助資材

・複写式の用紙にチェックする回答方式で、その場で簡単に採点し、結果を確認できます。

・検査の実施にあたっては、「実施マニュアル」や「実施ガイドCD(有料)」があります。

採点結果

・実施したその場で、すぐに採点できます。(採点のしかたついては、実施マニュアルに詳しい記載があります)

・得点は、全国レベルで標準化されており、能力ごとの得点(5段階)と総合得点(10段階)で表示されます。また付属の「実施マニュアル」には、標準得点への換算表が掲載されており、得点を標準得点にも変換できます。

活用場面

  1. 新卒採用試験
  2. 中途採用試験
  3. 教育・研修
    入社時におけるTAPOCの成績を人事情報として記録しておくことによって、自己申告制度・目標管理制度などの諸人事制度を効果的に運用し、社員の教育・研修に活かすことが可能です。
  4. 人員の適正配置
    各人の事務能力における得意・不得意を把握することで、より適切な人員配置を行うことができます。

価格

1名~50名まで 1名あたり450円(税別)です。

※価格は部数別単価の積み上げ式です。

当社の商品・サービスは、企業や団体を対象としています。
同業および個人でのお申し込み・お問い合わせはご遠慮ください。

関連セミナー情報

バックナンバーを全て表示

関連特集・コラム

採用支援

“求める人材”の採用から定着・育成までを支援

もっと見る

昇進選抜支援

適正な見極めと公平性と納得性で昇進昇格人事をサポート

もっと見る

組織変革支援

組織の強みと課題を、従業員の意識から測定

もっと見る

能力開発支援

経営と人事の未来を拓く

もっと見る