採用・昇格・人材・組織開発のNOMA総研

面接支援

採用のオンライン化を実現するシステム

WEB面接サービス harutaka

採用のオンライン化を実現する

“使いやすさ”にこだわったWeb面接サービスです

WEB面接サービス harutakaは、応募者/面接官の使いやすさにこだわったWeb面接サービスです。応募者のアプリダウンロードは不要、面接官も迷うことのないシンプルな操作性となっています。また、接続トラブルが発生しないよう事前チェックや本番サポートが充実したサービスになっています。遠隔地にお住いの受験者の利便性や人物重視の選考を目的とした筆記試験との併用などさまざまな場面で活用でき、「エントリー動画(録画選考)」と「ライブ面接」の2種類があります。

※WEB面接サービス harutaka(ハルタカ)は、株式会社ZENKIGENの登録商品です。
※当社は株式会社ZENKIGENと自治体に限定した販売パートナー契約を締結し、特別価格にてharutakaをご提供いたします。

採用のオンライン化を実現するシステム WEB面接サービス harutaka

3つの特長

  • 1 エントリー動画
    (録画面接)ができる
  • 2 ライブ面接ができる
  • 3 マルチデバイス対応で
    使いやすい

エントリー動画(録画面接)ができる

エントリー動画(録画面接)ができる

採用部門があらかじめ設定した質問に、応募者が動画を撮影したり、テキストを入力したりして回答。エントリーされた内容を評価する投稿形式の選考です。筆記試験前の0.5次選考や1次筆記試験との併用など、初期選考で使われます。

ライブ面接ができる

ライブ面接ができる

受験者と面接官がパソコンやスマートフォンを介して、遠方にいてもリアルタイムでライブ形式の面接ができます。移動の負担軽減や面接までのリードタイムが短縮されることで機会損失を回避することができます。また、1つの面接ルームに面接官、受験者合計12名まで入室可能ですので、集団面接や集団討論面接にも対応可能です。


マルチデバイス対応で使いやすい

マルチデバイス対応で使いやすい

エントリー動画、ライブ面接ともに受験者はさまざまな端末から参加が可能です。

採用のオンライン化を実現するシステム WEB面接サービス harutaka

仕様

Web面接のメリット

自治体側のメリット
受験者側のメリット
①面接業務の効率化
①移動時間、交通費などの抑制
②人物重視の初期選考が可能
②就活スケジュールや時間の調整
③利便性の向上による遠方の受験者の確保
③転職の場合、仕事調整の負担が減る
④面接官のスキルアップ
④書類だけでは伝えられないアピール可能

機能・トラブル時対応・セキュリティ概要

項目 機能など
採用管理 ・採用管理システム Be-Smartと連携済み
・単体でも候補者管理、面接ルーム(URL)自動生成、
 メール送付など採用に即した機能あり
エントリー動画機能 ・面接の代替として活用→時間的価値を最大化
・書類選考の代替→スクリーニング精度を向上
ライブ面接録画機能 ・選考基準擦り合わせ、面接内容の引き継ぎ、面接官教育にライブ録画を活用
・自動候補者紐づきで、常時動画を参照可能
ライブ面接不具合時リカバリ ・接続が切れた場合でも同じURLへの再接続が可能のため、リカバリに強い
・ライブのデータ通信調節が可能
・事前の接続テスト状況の可視化、ライブ実施状況のリアルタイム監視が可能
セキュリティ ・セキュリティの厳しい大手企業での面接導入実績多数
※株式会社ZENKIGENはISMS認証:ISO27001を取得

実施方式

  • オンライン実施

     

採用のオンライン化を実現するシステム WEB面接サービス harutaka

料金

自治体向け特別料金パック

プラン 年間登録者数
1~2,000名
年間登録者数
2,001~3,000名
年間登録者数
3,001~4,000名
エントリー動画(録画選考)のみ 300,000円 400,000円 500,000円
エントリー動画(録画選考)+ライブ面接 600,000円 750,000円 900,000円

(税別)

  • 応募者数が4,001名以上の場合、料金はご相談承ります。
  • 年間契約となります。

資料ダウンロード

お問い合わせ

WEB面接サービス harutaka

人事課題について
お聞かせください