アセスメントセンター試験

管理職として登用する人材選考の信頼性と納得性の獲得

変化の激しい時代には、早期に優秀な人材を選抜し、管理者として育成を図る必要があります。また、現状では優秀な人材が上位の管理者へ登用された後に、期待する成果をあげられない場合が多く見られます。上位職への登用に向けて様々な観点から評価します。

マネジメントは、問題解決と意思決定の連続です。昇進・昇格候補者に本研修を実施することにより「管理者の求められるマネジメント行動の発揮度」を行動観察者(アセッサー)の目を通して評価します。
2日間の集合研修の中で、4つの演習課題に取り組んでいただきます。演習において表出した言動を観察し、受講者一人ひとりの持ち味と強み・弱みを客観的に明らかにするともに、今後の能力開発に活かします。

アセスメントセンター試験で評価する4領域

管理者に求められる発揮行動について下記の4つの領域を設定しています。

管理者に求められる
発揮行動の領域
具体的な
能力
具体的な行動
1.知的領域

業務の改革・革新、また
業績向上を目的とした
物事の考え方、問題の
発見・課題の設定がで
きているか

 
情報把握力  他者の発信する情報の要旨を素早くとらえ、活用する
分析力  情報や事実の関連性や因果関係を見出し、論理的に体系立て、問題の本質を明確にする
判断力  現実に即して考え、対策を立案する
決断力  自らの責任のもと、進むべき方向・取るべき行動をタイムリーかつ明快に決定する
2.実行領域

「知的領域」で発見し
た問題・課題について
問題解決あるいは課
題達成を目指して、推
進しているか

 
計画力  全体的に状況を把握し、具体的な段取りや実行計画を立案する
率先邁進力  自ら進んで取り組み、範を示す
セルフコン
トロール
 ストレスやプレッシャーのかかる状況においても、常に安定した思考や言動を維持する
成果管理力  計画や基準にのっとって、粘り強く目標を達成させる。計画等とのズレを修正する
3.主体関係性領域

個人・メンバーとの関
係において、自ら働き
かける、主体的なコミュ
ニケーションを取る
といった自発的な存
在感を示しているか
自立力  健全な自己の基準を明確に持って、自主的に行動していく
説得力  相手に自分の考えや主張を効果的に伝え、納得を得る
コーディ
ネーション
 メンバーの特徴を活かし、効果的な調和・統合を図る
インフル
エンス
 他者に働きかけ、納得を得て動かす
4.受容関係性領域

個人・メンバーとの関
係において、個人・メン
バーの声や思い、ある
いは置かれている状
況を察知するといった
共感力を示しているか
傾聴力  誠実な姿勢を伝え、信頼感を与えて本音を引き出す
フレキシ
ビリティ
 環境や条件の変化に応じて異質を受け入れ、目標達成のための手段、方法を状況に合わせながら自在に変更する
センシティ
ビティ
 相手の意見や心情を感じて受け入れる
協働力  共通目標達成のため協力関係・信頼関係を積極的に構築して維持し、チーム活動に貢献する

関連商品