• 受付中

アート思考セミナー

  • 能力開発
場所
大阪
日時
2020年02月28日 (金) 13:30~16:00
参加費
無料
定員
20名
対象
総務人事部門(人事育成担当)のご担当者様

~ 変革の時代に求められる思考法 ~

 環境変化が速く、不確実性、複雑性、曖昧性が増している時代(VUCAの時代※)において、今後求められるビジネススキルの一つして「アート思考」があります。
アート思考とは、ロジック(左脳)と感性・感覚(右脳)の両方を活用し納得解をアウトプットする思考法(スキル)であり、ロジック(左脳)の活用だけでは解決できない問題に対して、新しい価値を生み出していく思考法として近年注目を集めています。
 本セミナーでは、ロジック(左脳)と感性・感覚(右脳)のどちらかだけに偏るのではなく、本来、誰もが持っている感性・感覚を引き出すワークに取り組んでいただきます。自分自身の思考のクセを知り、理解し、新しい価値を生み出していく(0→1をつくりあげる)思考プロセスの一部を体感的にご理解いただける内容となっております。

  ● “ロジカルシンキング”や “サイエンス”といったMBA的思考に限界を感じている
  ● “革新的なアイディア”が出ず、画一的な正解を求めがちな組織風土を変革したい 等

 上記のような課題を解決するためのエッセンスを盛り込んでいます。

VUCA(ブーカ)とは、4つの言葉の頭文字です。
Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)で、もともとは、1990年代のアメリカで軍事用語として使われ始め、転じて環境が複雑さを増し続けていることから、2010年以降は世界の経済界で「VUCAの時代が到来した」と言われようになりました。

開催概要

対象者
総務人事部門(人事育成担当)のご担当者様
開催日時
2020年02月28日 (金) 13:30~16:00
受付開始時間
13:15~
開催地
大阪
会場名
コンファレンスプラザ大阪御堂筋 (大阪メトロ 本町駅 3番出口より 徒歩3分)
所在地
大阪市中央区瓦町3-5-7 NREG御堂筋ビルB1階(地図
連絡先
西日本事業本部 TEL:0120-550-490
参加費
無料
定員
20名

プログラム

13:15
受付開始時間
13:30
  • アート思考とは

    ・なぜ今、ビジネスにアート思考が必要なのか
    ・アート思考とデザイン思考の違い
    ・正しい正しくないでは人も組織も動かない

  • アート思考ワークショップ

    ・アート思考プログラム(対話型鑑賞法)

  • アート思考プログラムからの気づき

    ・自分の認知パターンを知る
    ・認知バイアスを俯瞰する
    ・多様性を受け入れる

15:30~16:00
質疑応答
※お申し込みは、1社2名様までとさせていただきます。
※会場の詳しいご案内は、お申し込み受け付け後にE-mailアドレスあてにお送りする「参加票」に記載いたします。
※「参加票」は、印刷して当日ご持参ください。お名刺のご用意もお願いいたします。

講師紹介

山根 浩二(やまね こうじ)

●株式会社日本コーディネートセンター 代表取締役社長
●株式会社日本経営協会総合研究所 講師

 株式会社リクルートグループ入社。以来6年間、主に制作部に所属し、企業の採用広告の企画・制作に携わる。その後独立しフリーランスとなり、主に中小企業を中心に広報コンサタントとして、経営戦略に連動したコーポレート・コミュニケーション戦略の企画・実施に携わる。現在、マネジメントコンサルティング会社の代表取締役社長として、エクゼクティブが右脳系思考法(想像力・直感・創造力・感性)をはたらかせ、組織の生産性を適正に高める仕事にする方法(Science)・手法(Art)の開発と学習支援を行っている。

当社の商品・サービスは、企業や団体を対象としています。
同業および個人でのお申し込み・お問い合わせはご遠慮ください。

お申し込み

関連セミナー