• 受付中

The ZEN(禅と座禅と禅語)体験セミナー

  • 能力開発
場所
大阪
日時
2019年10月30日 (水) 13:30~16:30
参加費
無料
定員
18名
対象
人材育成・福利厚生ご担当者様

なぜ今、ビジネスの世界で禅が求められているのか?
~禅に学ぶ組織の作り方と人の育て方~

禅の学びをリーダーシップ開発やチームビルディング、メンタルヘルスに取り入れてみませんか?
課題が複雑化/多様化する中で、これまでの「知識」や「スキル」以外の「何か」が求められています。

 1. さまざまなメンタルヘルス対策を講じてきたが、十分な成果が得られない…
   座禅や禅語の学びには、その効果が期待できるのではないか?
 2. リーダーやその候補者には、日本文化の代表である禅を教養として身につけてほしい。
 3. より密度の高いチームビルディング法として、禅の考え方が有効ではないか?
 4. 業務過多/情報過多、生産性の向上を求められる環境下で一旦立ち止まり、自分と向き合う時間が必要なのでは?


学びのツールとしての禅を題材に、その一端に触れる「社員向け導入検討」を目的とした体験会を開催いたします。

開催概要

対象者
人材育成・福利厚生ご担当者様
開催日時
2019年10月30日 (水) 13:30~16:30
受付開始時間
13:15~
開催地
大阪
会場名
コンファレンスプラザ大阪御堂筋 (大阪メトロ 本町駅 3番出口より 徒歩4分)
所在地
大阪市中央区瓦町3-5-7 NREG御堂筋ビルB1階(地図)(※1番出口は工事中です)
連絡先
西日本事業本部 TEL:0120-550-490
参加費
無料
定員
18名

講師からのメッセージ

 禅は約2,500年前にインドで生まれ、中国を経て1,000年前に日本にやってきましたが、いつの時代もリーダーに求められてきました。稲盛和夫、松下幸之助、スティーブ・ジョブス、GoogleやTwiter等、一流の経営者やグローバル企業の躍進の陰には、必ずと言っていいほど禅や仏教の教えがありました。
 マインドフルネスという言葉を聞いたことがありますか? マインドフルネスとは、自分の身体や気持ちの状態に気づく力を育み、認知や感情・行動に影響を与え、生活の質を高めるメンタルトレーニングのことです。
数年前からこのマインドフルネスがGoogle、Facebook、インテルを始めとしたIT企業で取り入れられ、成果を上げています。このマインドフルネスという概念は、起源を辿ると禅の「瞑想」なのです。
多くの企業が今続々と瞑想を取り入れており、「瞑想をやっている人は、していない人に比べて仕事能力が高い」という調査結果も出ています。
 理由や入口はさまざまですが、禅が出口の見えない混沌とした社会・経済環境から抜け出し企業組織の中にイノベーションを起こすキー(鍵)になり得る、ということに日本の企業も気づき始めているのかもしれません。

プログラム

13:15
受付開始時間
13:30
  • 禅の考え方のビジネスへの生かし方
  • 代表的な禅語を学ぶ
  • 座禅体験(瞑想体験)
    「体を整え、呼吸を整え、心を整える」

    ※座禅体験は「椅子座禅」です。

16:30
閉会
※お申し込みは、1社2名様までとさせていただきます。
※会場の詳しいご案内は、お申し込み受け付け後にE-mailアドレスあてにお送りする「参加票」に記載いたします。
※「参加票」は、印刷して当日ご持参ください。お名刺のご用意もお願いいたします。

講師紹介

木村 卓(きむら たかし)

●日本経営協会総合研究所 講師
●Office SMC 代表
●企業研修講師 ビジネスコーチ
●曹洞宗 高雲山 観音寺にて9月29日に出家得度式予定

当社の商品・サービスは、企業や団体を対象としています。
同業および個人でのお申し込み・お問い合わせはご遠慮ください。

お申し込み

関連セミナー