トップ > セミナー一覧 > アセスメント試験活用方式による管理職層対象『マネジメント力強化研修』 2018/06/20(水):大阪
昇進選抜支援
受付中

アセスメント試験活用方式による管理職層対象『マネジメント力強化研修』 2018/06/20(水):大阪

経済のグローバル化、高度情報化社会の進展、少子化、高齢化、生産年齢人口の減少等、日々変化している環境の中、多様な人材の活躍を重視した働き方改革や労働環境改革は喫緊の課題と言えます。政府は、『付加価値生産性・労働生産性』改革を経済再生に向けた最大のチャレンジと位置付けており、今後本格的に推進する方針を固めています。

本改革の実現には、従業員一人一人の『能力強化』が欠かせません。環境変化のスピードが速く、先が読めない不確実な時代においては、特に、管理職層の『マネジメント力強化』、若手社員から管理職層までの『課題解決力強化』に全社で取り組むことが事業成長のための重要な戦略となります。

本セミナーでは、受講者本人が保有している普遍的なマネジメント力や課題解決力について、『アセスメント試験を活用して客観的に把握した上、能力強化へ繋げる研修プログラム』をご紹介させていただきます。

皆様が抱えておられる課題の解決策のヒントを本セミナーで見つけていただければ幸甚です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

アセスメント試験活用方式とは

アセスメント試験(組織マネジメント力試験<インバスケット演習>・ケーススタディ記述試験)を活用し、受講者本人が保有している普遍的なマネジメント力・課題解決力を客観的に把握・棚卸しした上、能力強化に繋げるプログラムです。

組織マネジメント力試験<インバスケット演習>概要

試験内容は、架空の企業のマネジメント遂行場面を描写しており、架空企業のマネジャーの立場で、限られた時間内に未処理案件を処理した上、課題を抽出し解決策を策定いただきます。意思決定内容(判断基準)と処理(プロセス)内容から、マネジメントに必要な能力を確認する試験です。

ケーススタディ記述試験概要

試験内容は、組織や職場等で起こり得るトラブルや士気が停滞した状況を描写しており、設定された主人公の立場で人と組織の問題・課題について解決策を記述いただきます。顕在化した問題に直面した時の対処方法(対応策)や課題解決に至る考え方や思考プロセスを確認する試験です。

開催概要

対象者 人事部門
開催日時 2018/06/20(水)13:30~16:30
受付開始時間 13:15
開催地 大阪
会場名 コンファレンスプラザ大阪御堂筋
所在地 大阪市中央区瓦町3丁目5番7号(地図
連絡先 当社 西日本事業本部
参加費 無料
定員 30名

プログラム

13:15 受付
13:30 1.能力開発(人材育成)におけるアセスメント試験活用の事例紹介
 ①昨今の管理職の能力開発の傾向

2.アセスメントとは
 ①組織マネジメント力試験について
 ②何を見るか ~評価項目(10項目)~

3.マネジメント力強化の重要性
 ①能力開発(人材育成)は客観的な「強み・弱み」の現状把握から

4.アセスメント内容 体験演習
 ①アセスメント内容の読み込み
 ②グループ討議を通じた課題の特定

5.フィードバックについて
 ①フィードバックレポート関連資料のご紹介
 ②本人・上司・人事部一体での能力開発について
16:30 終了

講師紹介

大橋 一彦 氏

広告代理店にてセールス・プロモーション、マーケティングを担当。建設業にて、営業マネジャー、プロジェクトマネジメント、マーケティングを担当。2004年より大手企業、中央官庁、中堅企業を対象に階層別研修、評価者研修などを年間120日実施。他に社内試験制度構築、研修カリキュラム作成、人事評価制度構築、業務改善コンサルティング等を行う。
著書「すごい企画書の書き方」共著(中経出版)2006年、「上手なプレゼンテーション」(日本監督士協会)2014年、「上手な説明・説得」(日本監督士協会)共著2013年 他多数。

※会場の詳しいご案内は、お申し込み受付後にメールにて参加券をお送りいたしますので、プリントアウトの上、当日受付にご提示下さい。

当社の商品・サービスは、企業や団体を対象としています。
同業及び個人でのお申し込み・お問い合わせはご遠慮ください。

お申し込み

このページの先頭に戻る

事例紹介

特集・コラムピックアップ RSS

  • 2018/05/09

    採用現場ニュース2018

    採用現場ニュース2018 「景気によって大きく変動する「採用」の実態を、企業と学校、それぞれの視点でとらえ、一歩先のトレンドをお伝えします。」

  • 2018/04/09

    最近の学生気質

    最近の学生気質 「新入社員の姿を見ると、「近頃の若い人は~」という台詞の使用頻度も高くなっているのではないでしょうか。いつの時代も世代間による価値観の違いはあるものです。先輩、上司として相互理解を図るためにも、最近の学生気質を探っておきませんか。」

  • 2012/03/27

    角山剛 モチベーション論

    角山剛 モチベーション論 「『モチベーション』をテーマに、その理論背景や研究内容を、東京未来大学の角山剛教授にやさしく解説いただきながら、実務に生かすためのコツをご紹介するコンテンツです。」

  • その他の特集・コラム 一覧

    プライバシーマーク