NKK Lab. 日本経営協会

商品紹介
「企業の生命線に関わる基幹人材の教育」を使命として、企業における人事戦略の課題に対し能力開発の側面から、解決策を提案しております

『状況対応力試験(インバスケット方式)』を活用した意思決定力向上研修

⇒インバスケット試験(事前実施)への取り組みを通じて、意思決定力の向上を促します。
⇒試験の結果から自身の意思決定の傾向と向き合い、強み・弱みを認識します。
⇒受講者全体の試験結果を分析することで、自社の管理職層の意思決定の特徴・傾向を理解します。

研修名 『状況対応力試験(インバスケット方式)』を活用した意思決定力向上研修
主な対象者 管理職
基本日数 1日
基本人数 20名
カテゴリー 測定教育
1日目
1.管理者の役割、管理者として持つべき視点【グループ討議、講義】
 ・企業を取り巻く環境変化
 ・成功する会社と衰退する会社の違い

2.『状況対応力試験(インバスケット方式)』結果のフィードバック【講義、個人ワーク、グループ討議】
(1)自社の全体傾向 ~結果から見る自社の受検者全体の強みと課題~
(2)個人結果のフィードバック
 ・個人結果返却
 ・個人結果の見かた解説
 ・個人内省とグループ内での情報共有

3.管理職に求められる問題発見・解決 【講義、個人ワーク】
 ・論理思考の重要性
 ・情報収集、分析(見える化)、対策立案、実行

4.管理職に求められる意思決定プロセス 【講義、個人ワーク】
 ・マネジメントサイクルの理解と意思決定プロセスの改善
 ・『状況対応力試験(インバスケット方式)』からの意思決定分析

5.研修のまとめ 【講義、個人ワーク】
 ・『状況対応力試験(インバスケット方式)』への取り組みを通じて気付いたことの振り返り
 ・自身の改善ポイントの整理
 ・「アクションプラン(行動変容計画)」の作成