沿革

事業の沿革

1949年 社団法人日本事務能率協会(1971年日本経営協会に改称)創立。
1959年 P.F.ドラッカー教授を初めて日本に招聘(以降8回来日)。
1966年 株式会社日本経営出版会設立。
1968年 株式会社日本ビジネスプラン(当社の前身)設立。
1979年 能力評価事業(現人事測定業務)を本格化。人事テスト開発に着手。
1985年 人事テスト開発研究委員会(現人事測定・評価開発研究委員会)を設置。
SCOA総合適性検査を開発。
1989年 株式会社日本経営協会総合研究所設立。
(グループ事業再編として、人事測定事業、株式会社日本経営出版会、株式会社日本ビジネスプランを統合。)
1996年 経営協力事業(現能力開発事業)を社団法人日本経営協会から移管。
1997年 組織変革事業を本格化。NEOS(従業員意識調査)を開発。
2006年 個人情報保護事務局を設置。プライバシーマーク取得。
東海地域の事業拠点として東海事業所(現東海事業部)を開設。
2009年 昇進選抜支援事業の中枢機能として昇進選抜支援センター(業界随一)を設置。
2014年 現在地に本社を移転。
2016年 能力開発事業をグループ経営戦略として(株)日本経営協会(NKK Lab.)に移管。
(株)日本経営協会(NKK Lab.)を一般社団法人日本経営協会と協同で事業経営。