トップ > 特集・コラム一覧 > 最近の学生気質 > 第10回 内定者の期待値調整

第10回 内定者の期待値調整

 空が高くなり、秋から一気に初冬を感じるようになってきました。10月初旬のこの時期、多くの企業では、入社予定の学生をあつめ、内定式が行われたことでしょう。とはいえ、2012年卒の採用は、東日本大震災の影響で、選考時期が大きく分散しました。そのため、まだ最終決着をみていない企業も多いかと思います。それでも、昨秋から1年近くにもおよぶ採用活動が、1つの節目をむかえたと言えるでしょう。

 採用に一区切りつくと、次の課題は育成です。内定式を境に、学生の立場は変わります。「内定式まではお客さま、内定式後は見習い社員」。ある企業の採用担当者は、立場の変化を、そう表現していました。当然、学事日程や個々の学業状況に配慮する必要はあります。その上で、半年後の入社や配属を視野に入れ、育成というステップに入っていく企業は多いかと思います。

 採用と育成のつなぎ目は非常に重要です。採用と育成のつなぎ目を、学生視点に置きかえれば、期待と現実のつなぎ目となります。就職活動を通じて、次第に高まっていった期待と、これからスタートする愚直なまでの現実。
このつなぎ目には、少なからず凸凹が存在します。この凹凸をスムーズに移行できないと、最悪、超早期退職ということになりかねません。

 「説明会では、あんなこともできる、こんなこともできると、夢のあることを言っていた。それが、選考段階では、自分の努力しだいだと言われ、じゃーがんばろう!と思った。でも、内定式の懇親会で先輩社員から、原則3年間は全員営業だと言われてショックを受けた」。ある開発希望の学生は、そう言って肩を落としていました。

 まだ配属が決まったわけでもありませんし、そもそも営業にネガティブであること自体、どうかと思います。しかし、今まで見えていなかった現実が、この時期から、徐々に見えはじめます。そして、期待と現実のギャップに、不安が生じはじめるのです。

このページの先頭に戻る

 「リアリティショック」という言葉があります。理想と現実のギャップにショックを受け、モチベーションを下げてしまう現象です。採用と育成のつなぎ目は、このリアリティショックの入り口と言えるでしょう。

 就業経験のない学生は、どうしても自分に都合のよいイメージを持ちがちです。「~できるかもしれない」「たぶん~だろう」が、いつのまにか「きっと~だ」にすり替わっていきます。そうして、期待と現実のギャップは拡大し、ちょっとした出来事にも、気持ちが大きく揺れ動いてしまうのです。

 それでも、たいていの学生は、すでに築かれた同期や先輩社員の人間関係に支えられ、現実を受け入れていきます。しかし、期待と現実のつなぎ目でつまづき、前にすすめない学生もでてくるのです。それは特に、選考で優秀と評価された学生に多いと感じます。

 学生は、就職活動を通じ、繰り返し「学生時代に力を入れたこと」「志望動機」を問われます。そして、自らの経験や価値観をベースに、少しずつキャリアビジョンを明確にしていきます。5年後、10年後の私という、自分ストーリーが完成されていくのです。

 優秀な学生ほど、キャリアビジョンは強固なものになりがちです。自分への高い評価は、自分ストーリーが企業に受け入れられたからだと感じるためです。「きっと、自分ストーリーが叶う(叶いやすい)配属や処遇になるだろう」と、期待は高まります。周囲の高評価によって、期待は肥大化し、自分ストーリーは強固なものになっていくのです。
それは、他の選択肢を排除し、狭量なキャリアビジョンにもつながります。そして、リアリティショックは深刻化していくのです。

 リアリティショックを0(ゼロ)にするのは難しいでしょう。しかし、できるだけ和らげることはできます。狭く高くなりがちな期待イメージを、横に広げ、多くの選択肢と可能性を提示するのです。それは、当初イメージしていた期待値を分散化し、低くおさえる役目も果たします。

 就業経験のない学生が、思い込みのようなキャリアビジョンにしばられるのは、弊害のほうが多いでしょう。多くの選択肢と可能性の提示は、これまでの自分ストーリーを、発展的に壊し、再構築する作業でもあります。狭くて高いキャリアビジョンから、低いけれど裾野の広いキャリアビジョンへ。
それができれば、シビアなギャップに直面しても、自力でソフトランディングすることが可能ではないでしょうか。

【掲載:2011年10月7日】

このページの先頭に戻る

バックナンバー

最近の学生気質

最近の学生気質
新入社員の姿を見ると、「近頃の若い人は~」という台詞の使用頻度も高くなっているのではないでしょうか。いつの時代も世代間による価値観の違いはあるものです。先輩、上司として相互理解を図るためにも、最近の学生気質を探っておきませんか。
『最近の学生気質』は隔月(偶数月)に掲載します。

キャリアコンサルタント 平野恵子

国立大学の教育学部卒業後、会社勤務を経て、現在キャリアコンサルタント(CCE,Inc.認定GCDF-Japan)。大学生や社会人などの若年層を中心としたキャリア支援を専門に活動している。また、人材会社の研究員として、就職活動に関する動向や意識調査をもとに、雑誌や専門誌への執筆も行う。

このページの先頭に戻る