トップ > セミナー一覧 > 事故を未然に防止する組織づくり 2017/07/11(火):大阪
サーベイ
受付中

事故を未然に防止する組織づくり 2017/07/11(火):大阪

株式会社日本経営協会総合研究所は、”人と組織のパフォーマンス最適化支援”を事業領域とし、組織と人に関わる課題の解決を支援しています。

今回、「事故を未然に防止する組織づくり~安全意識調査『NEOS-Anzen』を活用して~」をテーマとしたセミナーの開催をご案内申し上げます。

安全意識調査『NEOS-Anzen』は標準版項目65問から構成されております。
得られた調査データから安全に関わる課題を可視化し、他社データと比較して自社の現状を客観的、多角的に把握できます。
当セミナーでは、実際の結果データを見ながら、調査結果の効果的な活用方法も理解していただけます。また、当日は調査分析に携わる弊社研究員が解説を行いますので、調査に関する様々なご質問も承ります。

安全意識調査「NEOS-Anzen」とは

●安全意識の浸透度を明確化
●安全マネジメント、コミュニケーションの現状を数値化
●他社比較・部署比較により、強みと課題が共有

ご参加いただいた方の声

「地域や職場ごとの課題がわかり、対策が打てそうです。」
「コミュニケーション不足による事故の事例が、当社の現状とそっくりでした。」
「一方通行的な説明会ではなく、質問もでき、内容をよく理解できました。」

このページの先頭に戻る

開催概要

対象者 本社安全推進部門または工場安全推進の責任者、担当者様
開催日時 2017/07/11(火)14:00~16:15
受付開始時間 13:45~
開催地 大阪
会場名 コンファレンスプラザ大阪御堂筋
所在地 大阪市中央区瓦町3-5-7
連絡先 当社 組織行動部門
参加費 無料
定員 20名

プログラム

13:45 受付
14:00 1.事故を未然に防止する組織風土づくり
 ●事故が起きやすい組織と起きにくい組織
 ●安全意識の可視化の目的とは

2.安全意識調査『NEOS-Anzen』とは
 ~安全意識定着度の測定と施策への展開~

 ●『NEOS-Anzen』開発の経緯
 ●調査結果から見たコンプライアンス意識の最新動向

3.調査結果データを用いた事例紹介
 ●実際に調査を実施した企業の事例紹介を行います。
 ●安全意識調査の実際のデータを見ながら、活用方法を検討していきます。

質疑応答
●自社調査に関する悩み等、セミナー以外の質問も承ります。
16:15 終了(終了後、個別のご相談・ご質問を承ります)

※1社2名までのご参加でお願いいたします
※お申込み受付後、開催1週間前までに「参加券」を送付いたします。また、会場の詳しいご案内は「参加券」を参照ください。

当社の商品・サービスは、企業や団体を対象としています。
個人でのお申し込み・お問い合わせはご遠慮ください。

お申し込み

このページの先頭に戻る

関連リンク

事例紹介

特集・コラムピックアップ RSS

  • 2017/06/13

    最近の学生気質

    最近の学生気質 「新入社員の姿を見ると、「近頃の若い人は~」という台詞の使用頻度も高くなっているのではないでしょうか。いつの時代も世代間による価値観の違いはあるものです。先輩、上司として相互理解を図るためにも、最近の学生気質を探っておきませんか。」

  • 2017/05/11

    採用現場ニュース2017

    採用現場ニュース2017 「景気によって大きく変動する「採用」の実態を、企業と学校、それぞれの視点でとらえ、一歩先のトレンドをお伝えします。」

  • 2012/03/27

    角山剛 モチベーション論

    角山剛 モチベーション論 「『モチベーション』をテーマに、その理論背景や研究内容を、東京未来大学の角山剛教授にやさしく解説いただきながら、実務に生かすためのコツをご紹介するコンテンツです。」

  • その他の特集・コラム 一覧

    プライバシーマーク